歯を白くするホワイトニングとは?

初めて会った方との第一印象は、できれば笑顔で明るい好印象を与えたいと思うところですが、笑顔を見せるときに見える歯が汚れていたり黄ばんでいたりすると、不潔に見えてしまったり、老けて見えてしまったり、だらしなく見えてしまったりなど、第一印象がイメージダウンしてしまうことがあります。

 

 

歯のホワイトニングはアメリカで1989年に実用されるようになってから、現在アメリカのほとんどの歯科医院でホワイトニング治療が行われており、日本でもホワイトニングを導入している歯科医院が増えてきています。

 

近年では、テレビに出ているタレントやモデルの方などが白い歯を見る機会が増えてきたことや、TV、新聞、WEBなどでも話題になっていることもあり、一般の方もホワイトニングをしたいという方が増えて、歯を白くすることで見た目も気持ちも若返り、アンチエイジングにもつながっているようです。

 

しかし、お口の悩みに必ず入っている歯の着色汚れや黄ばみをキレイにして白い歯にしたいとは思うものの、まずは何から始めたらいいのわからないですよね。

 

ここでは、ホワイトニングについてのさまざまな知識を紹介します。ぜひ、ホワイトニングをするときの参考にしてみて下さい。

 

教えて!歯のホワイトニングQ&A

Q.クリーニングとホワイトニングって何が違いますか?

 

A.歯は表面の透明なエナメル質と黄色っぽく見える象牙質の2つの層でできています。
歯の表面についた着色汚れをキレイにする場合、クリーニングをすることで歯の表面がきれいになって、歯の表面を本来の白さにすることができます。
ホワイトニングは、歯科医院でのみ扱える薬剤である過酸化水素を歯の表面から浸透させて、黄色く見える象牙質の色を漂白して歯の色を白くします。

 

Q.ホワイトニングにはどんな方法がありますか?

 

A.ホワイトニングには、大きき分けると3つの方法があります。
■オフィスホワイトニング
歯科医師や歯科衛生士で国家資格を持っていないと取り扱うことができない、歯の色素を分解する成分「過酸化水素等」を含む薬液を歯の表面に浸透させ、LED照射を使用して活性化させることで、歯の白さや明るさをアップさせます。

 

■ホームホワイトニング
歯科医院やホワイトニング専門クリニックでオーダーメイドでマウスピースを作ってから、過酸化水素とほとんど同じ成分で低濃度の「過酸化尿素」の薬液を医院で処方してもらい、自宅で毎日マウスピースに薬液のジェルを流し込んで装着することで徐々に白くしていきます。

 

■セルフホワイトニング

  • 美容サロン・スポーツジム・ビジネスホテル・ホワイトニング専門サロンで展開

     

    すべての施術工程を自分自身で行い、特殊なホワイト溶液、LED照射、ブラッシングをして歯を白くしていく方法で、歯がしみるのを避けたい方や、表面上の汚れだけを落としたい方などに向いており、安価で着色しやすい食べ物の食事制限もありません。
    ※画像は株式会社シャリオン「WHITENING NET」より

  • 自宅でホワイトニング歯磨き粉を使用する

    いつもの歯磨きをホワイトニング歯磨き粉にし、歯磨き粉と正しいブラッシングによって歯の黄ばみや着色汚れなどの歯の表面の汚れを落とすことで、歯のもつ本来の白さを回復させる方法です。

 

Q.歯に痛みはありますか?痛んだ場合はどんな痛みですか?

 

A.歯科医院でのみ扱える過酸化水素によるホワイトニングは、歯に一見して分からない傷や細かい亀裂が入っていると、薬剤が歯の内部に入ってしまうことで知覚過敏のようにしみてしまうことがあります。
しかし、歯科医院ではホワイトニングをする前に、歯の表面の傷や細かい亀裂が入っていないかなどをきちんと調べて処置をしてくれるので、ホワイトニングをした後に知覚過敏や痛みなどはほとんどないようです。

 

Q.ホワイトニングって安全ですか?

 

A.ホワイトニングが普及されるようになってからの20年の間で、人の身体に大きな影響を与えるような有害なことはないとされています。
オフィスホワイトニングで使用される過酸化水素は、基準の厳しいFDAの認可を受けており、食品添加物としても使用されているので、人が口にしても問題のない薬剤です。
しかし、自宅で海外製のホワイトニング剤を使用する場合、かなり高濃度の過酸化水素や過酸化尿素が含まれていることがあり、強い酸なので歯を傷つけてしまうことがあります。

 

Q.副作用はありますか?

 

A.虫歯や歯の表面の傷、細かい亀裂が入っている状態で、きちんとした処置をしてもらわないと、知覚過敏だけではなく薬剤が歯の神経にまでいってしまうことで、歯の内部にある歯髄に炎症が起こることで歯の神経を傷つけてしまい、ひどい場合だと神経を抜かなければいけないことがあります。
ホワイトニングをする前には必ず、虫歯、歯の表面の傷や細かい亀裂が入っていないかなど、きちんと歯科医院で調べてもらい処置をしてもらいましょう。

 

Q.ホワイトニングはどれぐらいで白くなりますか?

 

A.オフィスホワイトニングの場合、年齢などもあるため個人差がありますが、1回目で白くなったという方もいれば、平均で3〜4回目で満足を得ることができる方が多いようです。
ホームホワイトニングの場合、厚生省が定めた基準では1日2時間を2週間行うことになっており、間隔をあけてホワイトニングする場合は期間が2週間より長く行うことになります。
セルフホワイトニングの歯磨き粉を使用する場合、基本的には持続して3〜4ヶ月使用することで効果を実感できるようです。

 

Q.ホワイトニングが虫歯予防になるって本当ですか?

 

A.ホワイトニングをすると歯を元の健康な状態に戻す現象である「歯の再石灰化」がされるため、歯の表面のエナメル質がより強固になることで歯も丈夫になり虫歯予防にもなります。

 

Q.ホワイトニング歯磨き粉で歯を白くすることはできますか?

 

A.歯を漂白する過酸化水素や過酸化尿素は歯科医院でしか取り扱うことができないため、市販やネットで販売されているホワイトニング歯磨き粉の場合、歯の表面の汚れや着色汚れを取り除く成分によって、本来の歯の白さを取り戻すことができます。
ホワイトニングに有効な成分である「ポリリン酸ナトリウム」が含まれている歯磨き粉がおすすめです。

 

Q.ホワイトニングの効果が維持できる期間はどれぐらいですか?

 

A.歯の白さのを維持できる期間は個人差がありますが、ホワイトニングをした後の歯の白さがずっと続くわけではありません。
年齢とともに歯の黄ばみは濃くなってくることや、食べ物や飲み物などによって汚れがついてしまうこともあるため、ホワイトニングをした後はホワイトニング歯磨きを使用して汚れなどを予防することで、ホワイトニング効果を長い期間維持することができます。

 

Q.ホワイトニングができない場合はありますか?

 

A.歯の状態によって歯科医院で薬剤を使用しても効果を実感できない場合や、妊娠中や授乳中の女性、薬剤に対するアレルギー、無カタラーゼ症など、ホワイトニングができない場合があります。

 

 

ホワイトニングをした後の歯の白さを維持いていくための歯科医院に通院する回数も、その方の自宅でのケアをしているかしていないかで変わってきます。

 

まずは本来の歯の白さを取り戻すホワイトニングをと考えている方は、歯磨き粉を使用したホワイトニングから始めてみましょう。

 

すぐに歯の白さを求めたいという方は歯科医院でまずは相談をしてみてください。

 

 

ホワイトニングをするときの歯科医師はこんな先生がいい!

 

日本では、ホワイトニングをするときの薬剤である過酸化水素や過酸化尿素は、国家資格を持っている歯科医師か歯科衛生士にしか取り扱うことができません。

 

ホームホワイトニングをするときにも、もちろん歯科医師の管理のもとでなければ患者さんは薬剤を使用することができません。

 

歯の状態は一人一人違っているので、ホワイトニングについてきちんと勉強している先生に見てもらうための、歯科医院選びのポイントを紹介しますので参考にしてみてくださいね。

 

@ホワイトニングについて詳しい知識を持っている
A治療をする方の歯の性質について詳しく説明できる
B治療をする方に合ったホワイトニングの治療をしてくれる
Cホワイトニングの治療方針をはっきりと見せてくれる
D料金の見積もりをきちんと見せることができる
Eホワイトニングの治療中、治療後の歯の管理の仕方を丁寧に説明してくれる


ホワイトニングおすすめランキング