ホワイトニング歯磨き粉で避けるべき成分とは?

歯磨き粉はそれぞれの目的に合うような「基本成分」と「薬用成分」が配合されており、ドラッグストアなどにたくさん並んでいる市販の歯磨き粉には「ホワイトニング」だけではなく、「歯周病予防」「知覚過敏」「口臭ケア」など、さまざまな口内ケアに効果がありそうなことが表記されています。

 

ほとんどの方が歯磨き粉に表記されている効果を信じて購入するのですが、食品のように添加物などが入っているかなどを、歯磨き粉にまで気にする方はあまり多くはないのではないでしょうか。

 

また、粒子の大きい清掃剤(研磨剤)を使用することによって、歯が削れてしまい歯が痛くなったり、知覚過敏になってしまうこともあります。

 

成分表示を見たとしても、いったいどの成分が自分の口内ケアに効果があるのか、実際には体に有害な成分が含まれているのかなど、よくわからずに毎日の歯磨きをしてしまっています。

 

では、体に安全なホワイトニング歯磨き粉を選ぶために、どのような成分が入っているものを避ければいいのでしょうか。

 

市販の清掃剤入りホワイトニング歯磨き粉は危険?

歯を削ってしまうイメージの「研磨剤」という言葉は、最近では「清掃剤」として表記されています。
市販の価格が安いホワイトニング歯磨き粉には、歯を削る危険性が高い研磨剤が多く配合されているためなるべく避けた方がいいでしょう。

 

ここでは、ホワイトニング歯磨き粉に入っている主に避けた方がいい成分を紹介します。

 

無水ケイ素

 

粘り気が強い成分なので、歯磨き粉の「基材」「増粘剤」として配合されていることもありますが、「清掃剤」として無水ケイ酸が使用されている場合、粒子が大きく歯のエナメル質と同等かそれ以上の硬さのある研磨剤なので、歯を傷つけてしまうため要注意です。

 

■「無水ケイ酸」以外の表記

  • シリカ
  • 無水ケイ酸A
  • 軽質無水ケイ酸 など

 

炭酸カルシウム

 

歯のエナメル質の硬さよりは柔らかい粒子の研磨剤ですが、それでも硬さがあるため粒子が大ききい場合には歯を傷つけてしまう可能性があります。

 

■清掃剤「炭酸カルシウム」以外の表記

  • 炭酸Ca
  • 重質炭酸カルシウム
  • リン酸2Ca
  • 三リン酸カルシウム
  • 第二リン酸カルシウム など

 

水酸化アルミニウム

 

多くの口臭予防を目的にしている歯磨き粉の薬用成分や、歯のエナメル質の硬さよりは柔らかい粒子の研磨剤として使用されていますが、それなりの硬さがあるため粒子が大ききい場合には歯を傷つけてしまう可能性があります。
また、アルツハイマーや味覚障害の危険性があるとも言われている成分です。

 

ラウリル硫酸カルシウム

 

市販のほとんどの歯磨き粉に発泡剤として配合されている成分で、歯磨き粉を泡立たせるのに使用されています。
泡立ちがいいとキレイになっている気はしますが、実際には歯の汚れをきちんと落とすことがしにくくなったり、ラウリル硫酸Naの強い刺激性が歯周病や口内炎など炎症を起こしている部分を悪化させたりすることがあります。
また、人工的に作られた石油系の化学物質を毎日口に含むというのは、安全の面でのリスクが高くなってしまいます。

 

サッカリンナトリウム

 

合成甘味料の一種で、歯磨き粉の味をよくするために香味剤として配合されている添加物です。
日本で発がん性が問題視されて使用が禁止されたことがあり、現在は使用禁止が解除されたため多くの歯磨き粉に使用されていますが、一度でも使用が禁止されたということは、何か問題はあったということなので、毎日口の中に含むものとして考えると避けたい成分です。

 

パラベン

 

石油から作られた合成保存料で、パラベンは歯磨き粉だけではなく、化粧品などにも含まれているカビなどの微生物による腐食を防ぐための防腐剤です。
微量であれば害はないとされていますが、毎日の歯磨きによって口に含むことで長期摂取されるということを考えると避けたい成分です。

 

 

毎日、白い歯になりたいと知らないうちに添加物や化学物質が入ったホワイトニング歯磨き粉を口に含んでしまっていると、その成分によって歯のエナメル質を少しずつ削っていたり、体に悪影響を与えてしまう物質が体に入ってきてしまいます。

 

普通の歯磨き粉やホワイトニング歯磨き粉を選ぶときには、体に悪影響を与えることが少ない成分で歯の表面を傷つけない、歯に安心の超極小粒の研磨剤「薬用ハイドロキシアパタイト」が使用されているものがおすすめです。

 

歯磨き粉の成分表示要領についての詳しい情報はこちら「JDMA日本歯磨工業会

 

美歯口 30 DAYS ホワイトニングキットの成分は安心安全

一般的な市販の歯磨き粉やホワイトニング歯磨き粉には、主成分に石油系合成界面活性剤が配合されたものが多く、泡立ちをよくしていたり、着色汚れや黄ばみを落とすために粒子の粗い成分を配合したりなど、よくよく考えてみると体に害があると言われる添加物だらけだということがわかります。

 

その点、美歯口の歯磨き粉は泡立ちは少ないのですが、無添加で自然由来の体にダメージの少ない成分で歯を本来の白さにし、大人だけではなくお子さんや差し歯をされている方も、安心して使用することができます。

 

■美歯口 30 DAYS ホワイトニングキットの成分表示

 

水、グリセリン、キシリトール、リン酸3Ca、含水シリカ、セルロースガム、ココイルグルタミン酸Na、ヒドロキシアパタイト、ココイルサルコシンNa、カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-2、ラウリン酸ポリグリセリル-10、マスチック樹脂、ヤシ油、ハッカ油、クエン酸、酸化ジルコニウム、グリシン、グリチルリチン酸2K、メタリン酸Na、ポリリン酸Na、酸化チタン、パール、アラントイン、スペアミント油、ココイルアルギニンエチルPCA、塩化Ca、塩化Na、塩化K、塩化Mg

 

イオンバランス

 

  • ヒドロキシアパタイト
  • 酸化チタン
  • パール
  • リン酸3カルシウム

いくつかの成分が独自開発の「イオンバランス」によって配合されており、歯のエナメル質をコーティングして、虫歯、歯の黄ばみ、汚れの原因から歯を守ります

 

無添加成分

 

  • カプリン酸グリセリル

パラベン、フェノキシエタノールなどの石油系防腐剤を配合せず、体にやさしいアミノ酸(カプリン酸グリセリルなど)で応用しているので、お子さんからお年寄りまで安心して使用することができます

 

口臭予防

 

  • キシリトール
  • マスチック
  • スペアミント油
  • ハッカ油

虫歯の原因となる酸を作らないように働く「キシリトール」、悪玉菌に対して強く口内環境を整える「ハーブのマスチック」、さわやかな香りと口臭予防をしてくれる天然の「スペアミント」「ハッカ油」によって、口臭予防をしてくれます