歯が黄ばんでしまう原因は何?

あまり普段気にしない歯の色ですが、ふと鏡を見たときに「私の歯ってこんなに黄色かった!?何とかしなくては!」と思うものの、一体どうしたら歯を白くできるのかと悩んでしまいます。

 

歯の黄ばみは、口元の悩みのなかで多くの人が何とかしたいと思っている悩みの中の1つで、毎日きちんと歯を磨いているし、タバコも吸わないのにどうして歯が黄ばんでしまうのか気になりますよね。

 

歯の色は、その方が持っている本来の歯の色もありますが、歯の黄ばみの原因として色の濃い食べ物や飲み物による着色汚れ、歯のミネラル成分が溶けだしてしまうことによるくすみ、加齢、治療跡などさまざまなことが関係しています。

 

 

 

歯の黄ばみはどんな印象を相手に与えてしまうの?

テレビなどのメディアで見る多くの芸能人の方の白い歯を見ていると、自分の歯の黄ばみが気になってしまったという方は多いのではないでしょうか。

 

最近はキレイな白い歯になりたいと、一般の社会人や大学生の方にもホワイトニングへの関心が高くなっていることもあり、美容の1つとしてホワイトニングをする方が増えてきています。

 

毎日の生活の中で人と話をする機会は多く、なんとなく相手の顔を見ながら話をするのですが、ふと相手の歯の黄ばみが気になることはありませんか?

 

人と話をするときに相手に与える印象はさまざまなのですが、歯の黄ばみは相手にどのような印象を与えてしまうのでしょうか。

 

だらしない
不潔
老けて見える
不健康そう
口臭がキツそう

 

歯の黄ばみは相手に対してさまざまな印象を与えてしまいますが、なかには、特に気にならないといういう方もいれば、ホワイトニングをすることで白すぎて気持ちが悪いという意見もあるようで、日本人は欧米の方のような紙のような真っ白な歯よりも、自然な歯の白さが好まれているようです。

 

自然な歯の白さを自宅で簡単に始めてみたいという方の場合、歯の表面の汚れを落としてもともとの自然な歯の白さにする効果期待できる、ホワイトニング歯磨き粉がおすすめです。

 

一般的な歯磨き粉ではなかなか落とすことができなかった、歯の表面についた黄ばみや着色汚れを落とすことで、今まで歯を見せて笑うことに自信が持てなかった方も、顔全体の印象が明るくなることができ自信を持って笑顔になれるのではないでしょうか。

 

そして、本来の自然な白さを取り戻すことによってこんな効果が期待できます!

 

  • 若返り
  • 顔全体の印象が明るくなる
  • 清潔感がある
  • 信頼できる

 

日本人が好む自然な白い歯を取り戻すことができるといっても、ホワイトニング歯磨き粉は即効性がないので、歯の表面の黄ばみや着色汚れを落として自然な歯の白さになるまでには、だいたい3〜4ヶ月が目安とされています。

 

また、生まれつきの歯の色は一人一人違っており、本来の歯の色を取り戻したとしても白さはそれぞれ違ってくるので、確実な歯の白さを求めている方はぜひ歯科医院で相談をしてみてください。

 

468×120

 

黄ばみの原因とおすすめのホワイトニング方法とは?

もともとの歯の色や加齢

 

歯は表面の色が薄く半透明なエナメル質と、歯の主体となっている黄色っぽく見える象牙質の2つの層でできており、その奥には血管や神経などが通っています。

 

歯が黄色っぽく見えるのは、エナメル質を通して奥にある象牙質が透けて見えるからで、歯の黄ばみに個人差があるのは、持って生まれた本来の象牙質の色の濃さがそれぞれ違っているからです。

 

エナメル質の厚さ、透明度、凹凸の程度も個人差があるため、歯の表面に光が反射したときの加減で、白っぽく見えたり、象牙質の色が見えたりなど見え方が変わります。

 

また、加齢によって歯の表面のエナメル質が摩耗によって薄くなり、象牙質の色が濃く見えることで歯が黄ばんで見えてしまいます。

 

おすすめのホワイトニング方法

  • 歯科医院で施術してもらう「オフィスホワイトニング
  • 歯科医院でマウスピースを作成してもらい、歯科医師の管理下で自宅で行う「ホームホワイトニング

歯の表面のエナメル質ではなく、その奥の象牙質の色による黄ばみなので、歯科医師でホワイトニング専用の薬剤を使用する方法がおすすめです。

 

ステインによる着色汚れ

 

歯の表面はだ液の中の糖タンパク成分が膜(ペリクル)のようにコーティングされているのですが、、色の濃い食べ物や飲み物、カレー、キムチ、コーヒー、紅茶、緑茶、ワインなどには着色汚れの原因となるポリフェノールが多く含まれており、唾液の中に含まれているタンパク質と結合してしまうと、「ステイン」となり着色汚れとなって歯についてしまいます。

 

また、ステインよりも粘着力が高いタバコのヤニは歯にこびりついてしまうため、歯の色が茶色くくすんできてしまいます。
これらが表面についたまま時間がたってしまうと、歯の表面のエナメル質の中まで汚れが浸透してしまい歯の黄ばみとなってしまいます。

 

おすすめのホワイトニング方法

  • 歯科医院で施術してもらう「オフィスホワイトニング
  • 歯科医院でマウスピースを作成してもらい、歯科医師の管理下で自宅で行う「ホームホワイトニング
  • 着色汚れを除去する成分が配合された歯磨き粉をいつも歯磨きに取り入れる「セルフホワイトニング

ホワイトニング歯磨き粉は研磨剤が多く入ったものを使用すると、歯が傷ついてしまいその部分に汚れがつき、歯の黄ばみの原因となってしまうため、研磨剤の量が少ないものを選びましょう。
歯科医院で歯の表面の汚れを落とすクリーニングをしてもらうだけでも本来の歯の白さになります。

 

 

治療跡

 

虫歯を治療した跡や神経を抜いた跡が変色したり、永久歯が生え変わるころまでに、子どもがマイコプラズマ肺炎などになってしまったときに「テトラサイクリン」という抗生物質を服用すると、副作用で歯が黄ばんでしまうことがあります。

 

おすすめのホワイトニング方法

  • 歯科医院に相談をしてみましょう

歯の症状が一人一人違っているため、治療をする方の歯の性質について詳しく見てもらうことで、どのように治療していくかを知ることができます。

 

歯の黄ばみの予防には何をしたらいい?

ホワイトニングをしたあとの白い歯の方も、これから白い歯を維持していこうと思っている方も、どちらも大切なのは歯の黄ばみの原因となってしまう着色汚れ(ステイン)を歯の表面に付着させないことです。

 

現在、あなたの口内はどれぐらい黄ばみの原因である着色汚れがつきやすくなっているのか、まずはチェックをしてみてください。

 

水よりもお茶やコーヒーを飲むことが多い
納豆や豆腐など、大豆製品をよく食べる
食後すぐに歯磨きはしない
歯磨きのときに磨き残しがよくある
半年以上歯医者さんへ行っていない
口呼吸である
歯並びがあまりよくない
水をあまり飲まない
だ液がネバネバする

 

チェックした項目が多ければ多いほど、あなたの口内は着色しやすい環境になってしまっています。

 

 

外部からの着色汚れを予防する方法とは?

 

歯の表面に傷がつかないようにする
市販のホワイトニング歯磨き粉に多く含まれている研磨剤で力を入れて磨いてしまうと、歯の表面に細かい傷ができてしまい、その傷に細菌や汚れがつき着色汚れになってしまいます。
ホワイトニング歯磨き粉を使用する場合、研磨剤を含まず、汚れを浮かせて落とす効果がある歯磨き粉か、ジェルタイプのものを選ぶことがおすすめです。

 

飲食した後のケア
色の濃い飲食物は歯の表面に着色汚れとして付きやすいのですが、色の濃いものを避けて食べたいものが食べられないのは楽しくないですよね。
避けるよりも、飲食した後すぐに軽く歯磨きをしたり、水で口をゆすぐだけでも着色汚れの沈着を防ぐことができます。水がなく歯磨きや口をゆすぐことができない場合には、ガムを噛んでだ液の分泌を促すだけでも違ってきます。

 

口の中を乾燥させない
服についてしまったシミが時間がたつとなかなか取れなくなってしまうように、口の中が乾燥すると歯の表面についてしまった黄ばみや着色汚れが定着しやすくなってしまうため、こまめに水を飲んで口の中を乾燥させないようにしましょう。

 

歯科医院でクリーニングをしてもらう
歯科医院では歯の表面にこびりついてしまった汚れ、歯と歯の隙間の汚れ、磨き残しによって歯垢が固まってできてしまった歯石など、自分のではなかなか落としきれない汚れをキレイにしてもらえます。
歯の黄ばみは毎日飲食をして生活している以上、誰もが歯が黄色くなってしまう可能性があるので、ほんの少しステインを付着させない対策をとったり、3ヶ月〜半年に1度と定期的に歯科医院にいって歯のメンテナンスをすることで、歯の黄ばみの予防をすることができます。

 

 

 

歯磨き粉でできるホワイトニングは歯の表面の汚れを落とすことで、もともとの自然な歯の白さを取り戻すという方法なので、それ以上の歯の白さを求めている方は歯科医院でのオフィスホワイトニングがおすすめですが、施術あとしばらくの間色の濃い食べ物や飲み物の制限があったりします。

 

オフィスホワイトニング以外のホームホワイトニングやセルフホワイトニングでは、日常生活のなかで飲食の制限をすることはありません。

 

また、ホワイトニング歯磨き粉を使用して毎日のブラッシングをするのも、歯の黄ばみを除去して予防するのに効果があります。

 

歯の黄ばみにおすすめの歯磨き粉はこれです!

毎日の歯磨きは、歯を健康に保つことにもホワイトニングにもとても効果があり、白い歯にしたいという意識があるだけでもブラッシングの仕方や歯磨き粉の選び方が今までとは違い、口内環境がよくなってきます。

 

しかし、歯の黄ばみに対して効果がある歯磨き粉は、市販の普通の歯磨き粉では歯の表面の着色汚れを落とすことができないので、黄ばみ対策のリン酸、エナメル質を補修する成分が含まれている歯磨き粉を選ぶことが大切です。

 

ここでは、歯の黄ばみに対しておすすめの歯磨き粉を紹介しますので、歯磨き粉で行うセルフホワイトニングをするときの参考にしてみてくださいね。

 

美歯口 30 DAYS ホワイトニングキット

 

販売元:株式会社シャリオン
価格:初回限定 980円(税抜)

 

 

■有効成分
ヒドロキシアパタイト(歯の再石灰化・虫歯予防)
ポリリン酸Na(ステインを浮かせて落とし歯石を抑制する)
パール・酸化ジルコニウム(歯を白くする)
マスティック(歯周病・虫歯予防) など

 

美歯口シリーズのなかの1つである美歯口 30 DAYS WHITENING KITは、ゲンキングさんがプロデュースしている、就寝前30個+起床時2個の計32個が個別になって入っているホワイトニング歯磨き粉です。
WEBのみの販売で発売開始から3日間で1万個の販売実績(美歯口の商品全体の累計)があり、楽天リサーチ、日本マーケティングリサーチ機構調べ、マイナビウーマン調べの11部門で1位を獲得しており、芸能人やモデルなどのインスタなどでも話題の歯磨き粉です。
多くの歯磨き粉で使用されている石油系防腐剤は配合されておらず、無添加なので小さなお子さんからお年寄りまで安心して使うことができます。
独自開発の「イオンバランス」によって成分が配合されており、歯のエナメル質のコーティング、虫歯、歯の黄ばみ、汚れなどの原因から歯を守ります。

 

はははのは

 

販売元:コハルト
価格:初回限定 1,980円(税込)

 

 

 

■有効成分
ポリリン酸Na・メタリン酸Na(ステインを浮かせて落とし歯石を抑制する)
パパイン・ソープナッツ(植物酵素が細かい汚れを落とす)
ヒドロキシアパタイト(歯の再石灰化・虫歯予防) など

 

製薬会社と共同開発したナチュラルホワイトニングジェルで、ポリリン酸Na×メタリン酸Naのホワイトニング成分だけではなく、パパインやソープナッツなど植物の成分も配合されて、黄ばみの原因にアプローチしています。
また、研磨剤・パラベン・合成界面活性剤・漂白剤・発泡剤・着色料などすべて不使用の低刺激、完全無農薬10種類のオーガニック成分が配合されている無添加歯磨き粉で、小さなお子さんでも使用できるぐらい安全な歯磨き粉です。

 

アスプラッシュ トゥースペースト

 

販売元:contribution
価格:2,138円(税込)

 

 

 

■有効成分
ポリリン酸Na・ピロリン酸Na・メタリン酸Na(ステインを浮かせて落とし歯石を抑制する)
ヒドロキシアパタイト(歯の再石灰化・虫歯予防) など

 

WEBのみの販売で発売開始からわずか1ヶ月で、楽天ランキング「デンタルケア&歯磨き粉部門」で1位を獲得した「アスプラッシュ トゥースペースト」は、歯科医院でも使用されている、ポリリン酸Na・ピロリン酸Na・メタリン酸Naの、3つのリン酸Naが配合されているので、歯の表面に付着した汚れや黄ばみを浮かせて落とすことで、本来の白いキレイにしてくれます。

 

また、虫歯予防成分、抗炎症作用などに効果がある成分が配合されているので、歯周病や口臭予防にもなり口内環境を整えてくれます。


ホワイトニングおすすめランキング