自宅でできるホワイトニング歯磨き粉の特徴とは?

二コリと笑ったときにちらりと見える白い歯は、見ているだけでも爽やかな清潔感がある印象を持つことができ、口元の美しさは初対面の方の印象に影響を与えます。

 

最近は歯のホワイトニングへの関心が高くなってきていのるで、歯の白さによって年齢の印象も変わってくるため、アンチエイジングのためにホワイトニングをと考えている方も増えてきています。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉は、歯科医師で行われるような過酸化水素や過酸化尿素を使用して歯を漂白(オフィスホワイトニング)するわけではなく、毎日の歯磨きで歯の表面に付着した黄ばみや着色汚れを取り除いて、本来の白い歯を取り戻すといった言い方がいいのかもしれません。

 

また、歯科医院で行ったホワイトニングの後の歯の白さを保持するために、ホワイトニング歯磨き粉を使用するという方法もあります。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉はどうして歯が白くなるの?

歯磨きを毎日するのは、食べカスや生きた細菌の塊である歯垢を取り除いて、むし歯や歯周病の予防するためですが、普通の歯磨き粉では食べカスや歯垢を取り除くことはできても、着色汚れを取り除くことはできません。

 

歯の表面はだ液の中の糖タンパク成分(ペリクル)が膜のようにコーティングされているのですが、コーヒーや紅茶に含まれているポリフェノールやヤニなどが、だ液に含まれているタンパク質と結びついてしまい蓄積してしまうと、着色汚れや黄ばみとなってしまいます。

 

一度歯についてしまった着色汚れや黄ばみは、粘着性があるタンパク質なので汚れが歯に沈着してしまうため、水で口をゆすいだり一般的な歯磨き粉でブラッシングしてもなかなか取ることができません。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉には、歯を本来の白さにするために必要な歯の表面の黄ばみや着色汚れを落とす成分が配合されており、その成分は「研磨剤によるもの」と「化学的に汚れを落とすもの」の大きく2つの種類に分かれます。

 

研磨剤によるもの

市販のホワイトニング歯磨き粉は、普通の歯磨き粉よりも研磨する粒子が粗いもので歯の汚れや黄ばみを取り除くことで、本来の歯の白さを取り戻しているものがあります。
同じ研磨剤でも極小粒のものならば歯の表面を削ることがなく安全性が高いといえます。

 

化学的に汚れを落とすもの

歯の着色汚れや黄ばみが歯の表面に沈着しないようにする効果がある成分が配合されているものを使用することで、歯の表面に傷をつけることなく、化学的な作用で汚れの原因を分解して取り除くことができます。

 

歯垢、着色汚れや黄ばみには、むし歯や歯周病の原因となる無数の生きた細菌が生息しています。
見た目が汚く見えてしまうプラークやステインを除去することで、本来の歯の白さを取り戻すとともに、口内の善玉菌が増えて環境がよくなることで、むし歯や歯周病の予防もすることができます。

 

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶポイントとは?

人と接することが多い接客や営業などを仕事にされている方は、相手に与える印象を清潔感があって信頼してもらう必要がありますよね。

 

歯の黄ばみや着色汚れが気になって歯を白くしたい!と思っていても、ホワイトニングをするために歯科医院に通うとなると、金額的にも時間的にも負担になってしまうため、なかなかホワイトニングに踏み出すことができないという人もいるのではないでしょうか。

 

歯科医院によって金額は違うのですが、ホワイトニング専門の歯科で行うオフィスホワイトニングの料金相場は、1回5,000〜30,000円程度のところが多く、数千円から始めることができるホワイトニング歯磨き粉よりも費用がかかってしまいます。

 

歯を白くしたいけど、できることならば価格を抑えて歯を白くしたという方は、自宅で簡単に始められるホワイトニング歯磨き粉がおすすめです。

 

しかし、市販のホワイトニング歯磨き粉や、インターネットの口コミなどでホワイトニング歯磨き粉を探してみても、たくさん種類がありすぎて一体どれを何を基準にして選んだらいいのかわからなくなってきてしまいますよね?

 

そこで、ホワイトニング歯磨き粉を選ぶときにどんなことをポイントにしたらいいのかを紹介しますので、ぜひ選ぶときの参考にしてみて下さい。

 

Point1 歯を白くする有効成分が配合されているもの

 

ホワイトニング歯磨き粉には歯を本来の白さにするための、歯の表面の黄ばみや着色汚れを落とす成分が配合されており、一般的な歯磨き粉には配合されていません。

 

ポリリン酸ナトリウム
歯の表面に付着している黄ばみや着色汚れが気になっている方におすすめの成分で、黄ばみや着色汚れをポリリン酸が剥がして落とす効果があり、同時に歯をコーティングして汚れや着色が再び付着しないように予防をしてくれます。

 

ハイドロキシアパタイト
歯垢や着色汚れが付きにくく美しい歯にしたい方におすすめの成分で、エナメル質に近い成分なので、歯の表面についてしまった傷の凸凹を埋めて、歯垢や着色汚れをつきにくくする効果があり、汚れを吸着して歯垢や着色汚れを取り除きやすくしてくれます。

 

Point2研磨剤の配合量が少ないもの

 

歯に一度付着してしまった黄ばみや着色汚れは、研磨剤が配合された歯磨き粉でないとなかなか取れません。
しかし、市販のホワイトニング歯磨き粉を適当に選んでしまい、研磨剤の量が多く配合された歯磨き粉で毎日歯を磨いてしまうと、歯の表面が傷ついてしまいその傷にさらに着色汚れがついてしまうため注意が必要です。

 

また、研磨剤の量が多いと歯の汚れは落とせて白くなるのですが、歯の表面のエナメル質を薄く削り取って汚れを落とすことになるため、だんだんと象牙質が目立って黄ばみが目立つようになってしまいます。

 

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶときには、研磨剤の配合量が少ないものや、研磨剤よりも粒子が細かいハイドロキシアパタイトが配合されている歯磨き粉にしましょう。

 

Point3発泡剤の配合量が少ないもの

 

歯磨き粉の泡立ちのために配合されている発泡剤(ダウリル硫酸ナトリウム、ショ糖脂肪酸エステル、ラウロイルサルコシンソーダなど)は、歯磨き粉をつけて歯磨きをするときに口のなかでモコモコとなり、泡立ちがいいことできちんと磨けている気になってしまうため、できる限り配合量が少ない歯磨き粉を選びましょう。

 

泡立ちが少ないことで長い時間歯を磨くことができ、隅々までブラッシングして歯磨き粉の有効成分を行きわたらせることができます。

 

ホワイトニングにおすすめの歯磨き粉はどれ?

美歯口 30 DAYS ホワイトニングキット

 

販売元:株式会社シャリオン
価格:初回限定 980円(税抜)

 

 

■有効成分
ヒドロキシアパタイト(歯の再石灰化・虫歯予防)
ポリリン酸Na(ステインを浮かせて落とし歯石を抑制する)
パール・酸化ジルコニウム(歯を白くする)
マスティック(歯周病・虫歯予防) など

 

美歯口シリーズのなかの1つである美歯口 30 DAYS WHITENING KITは、ゲンキングさんがプロデュースしている、就寝前30個+起床時2個の計32個が個別になって入っているホワイトニング歯磨き粉です。
WEBのみの販売で発売開始から3日間で1万個の販売実績(美歯口の商品全体の累計)があり、楽天リサーチ、日本マーケティングリサーチ機構調べ、マイナビウーマン調べの11部門で1位を獲得しており、芸能人やモデルなどのインスタなどでも話題の歯磨き粉です。
多くの歯磨き粉で使用されている石油系防腐剤は配合されておらず、無添加なので小さなお子さんからお年寄りまで安心して使うことができます。
独自開発の「イオンバランス」によって成分が配合されており、歯のエナメル質のコーティング、虫歯、歯の黄ばみ、汚れなどの原因から歯を守ります。

 

はははのは

 

販売元:コハルト
価格:初回限定 1,980円(税込)

 

 

 

■有効成分
ポリリン酸Na・メタリン酸Na(ステインを浮かせて落とし歯石を抑制する)
パパイン・ソープナッツ(植物酵素が細かい汚れを落とす)
ヒドロキシアパタイト(歯の再石灰化・虫歯予防) など

 

製薬会社と共同開発したナチュラルホワイトニングジェルで、ポリリン酸Na×メタリン酸Naのホワイトニング成分だけではなく、パパインやソープナッツなど植物の成分も配合されて、黄ばみの原因にアプローチしています。
また、研磨剤・パラベン・合成界面活性剤・漂白剤・発泡剤・着色料などすべて不使用の低刺激、完全無農薬10種類のオーガニック成分が配合されている無添加歯磨き粉で、小さなお子さんでも使用できるぐらい安全な歯磨き粉です。

 

薬用パールホワイトプロEXプラス

 

販売元:美健モール
価格:初回限定 1,980円(税抜)

 

 

■有効成分
ポリリン酸Na・メタリン酸Na(ステインを浮かせて落とし歯石を抑制する)
DL-リンゴ酸(黄ばみ・油汚れをケア)
イソプロピルメチルフェノール(歯周病・口臭予防) など

 

製薬会社と共同開発した自宅でできるホワイトニング用の薬用成分が配合されているので、歯のホワイトニングだけではなく、健康な歯ぐき、口臭予防にまで効果が期待できます。
研磨剤・発泡剤・界面活性剤は使用されておらず、歯の表面の汚れを優しく引きはがすので、刺激や痛みがなく安全で安心して使用することができます。

 

GC ルシェロ ホワイト

 

販売元:株式会社 ジーシー
価格:1,530円(税込)

 

 

■有効成分
高濃度に配合したLime粒子・ポリエチレングリコール(PEG)400(ステインを効果的に除去)
モノフルオロリン酸ナトリウム(フッ素)(歯の再石灰化・虫歯予防)

 

歯科専売品のホワイトニング歯磨き粉で、WEBのみでAmazon、楽天、Yahooa!ショッピングで販売されています。
薬用成分のポリエチレングリコールと高濃度に配合したLime粒子(清掃剤)が配合されているので、効果的に歯の黄ばみや着色汚れを落としてくれます。
ナノサイズの研磨剤が配合されており、汚れを浮かして着色汚れを落とすので毎日使用しても歯に傷がつくことがありません。歯に付着したヤニや着色汚れが気になる方におすすめです。
また、フッ素の濃度も高く、歯の再石灰化を促して虫歯予防をします。

 

プレミアムブラントゥース

 

販売元:アンビシャスショップ
価格:初回限定 3,980円(税抜)

 

 

■有効成分
パパイン(植物酵素が細かい汚れを落とす)
茶カテキン(歯周病予防)
ウーロン茶エキス(歯垢を落としやすくする)
ココナッツオイル(ステインを浮かせて落とし歯石を抑制する) など

 

植物性由来の成分のなかでも、ココナッツオイルの主成分であるラウリン酸は、汚れを浮かして落とすことができるので、研磨剤が入っていなくても汚れを落とすことができ、歯の表面に傷つくことがなく使用することができます。
パラベン・合成界面活性剤・漂白剤・発泡剤・着色料なども使用されておらず、安心安全の植物由来にこだわったボタニカルホワイトニング歯磨き粉です。

 

ホワイトニング以外にも期待したい歯磨き粉を選ぶなら?

歯を白くするためのホワイトニング歯磨き粉を使用することで歯を本来の白さにしていくことができますが、選ぶ歯磨き粉によってホワイトニング以外にも多くの効果が期待できる成分が配合されているものがあり、自分が気になっている口の悩みに合わせた歯磨き粉の選び方をすることができます。

 

虫歯予防
毎日の生活習慣やプラーク(歯垢)の磨き残しなどによって口内環境が悪くなってしまうと、虫歯菌が増殖されてしまい虫歯になりやすくなってしまいます。
虫歯予防のケアをしたいと思っている方は、虫歯の発生を防ぐ効果があるフッ素が配合されているものを選びましょう。

 

歯周病予防
歯周病には、歯ぐきにだけ炎症がある「歯肉炎」と、歯を支える骨や周りの組織などにまで炎症や破壊があるものを「歯周炎」といいます。
このような歯周病を予防するには、歯周病の原因になってしまう細菌やプラーク(歯垢)を殺菌したり、歯ぐきに作用する薬用成分が入ったものを選ぶことが大切です。

 

口臭予防
口臭予防をしたい方は、殺菌・消臭作用がある成分が配合されている歯磨き粉を選びましょう。
しかし、口臭の原因は1つではなく、生理的なもの、飲食物・嗜好品から吸収したもの、身体や歯の病気からくるものなどがあるため、口臭が歯磨きによって解消されない場合には、一度歯科医院で診てもらうことをおすすめします。

 

 

知覚過敏予防
歯の磨きすぎ、強い力でのブラッシング、慢性的な歯周病、加齢などによって歯ぐきの後退が進むと、エナメル質の内側の象牙質がむき出しになってしまい、外部からの刺激が象牙細管を通って歯の内側の神経に伝わることで、瞬間的に鋭い痛みを感じてしまいます。
ブラッシングを優しくしたり、開いた穴をふさいでくれる効果がある硝酸カリウム(カリウムイオン)や、歯を強くするフッ素が配合されている歯磨き粉を選びましょう。

 

 

このように、多くの効果が期待できる歯磨き粉が販売されていますが、歯磨き粉に配合されている成分が自分の悩みに対して、期待できる効果がしっかりと出るとは言えない場合があります。
なかなか改善されない場合には、歯科医院などで相談をすることをおすすめします。

 

ホワイトニング歯磨き粉と正しいブラッシングでホワイトニング効果アップ!

歯の表面の汚れを落とすことによって自然な歯の白さを取り戻すには、ホワイトニング歯磨き粉を使用することはもちろんですが、正しいブラッシングの仕方も取り入れることで、ホワイトニング効果がアップします。

 

毎日の歯磨きの目的は、むし歯や歯周病の原因となっている、生きた細菌の塊である歯垢(プラーク)を取り除いて、むし歯や歯周病の予防をすることです。

 

歯垢は歯の表面に粘着しているので水に溶けにくく、水で口をすすぐ程度では取り除くことができないため、毎日の正しいブラッシングによって取り除くことが必要です。

 

特に、就寝前に食べカスや歯垢などの汚れをきちんと除去することで、むし歯や歯周病の予防だけではなく、歯の黄ばみ、ヤニ汚れ、着色汚れをキレイにして、汚れがつきにくい歯にしていくことができます。

 

歯医者さんが推奨するブラッシング方法

 

スクラビング法(3分)+バス法(2分)を組み合わせる

  • スクラビング法


    歯の外側は歯ブラシの毛先を歯に90度にあてて、鉛筆を持つようにして力を入れすぎず(毛先が広がらない程度)小刻みに横に動かし、歯の内側は歯ブラシの毛先を歯に45度にあてて磨き、歯間部の歯垢を落とします。

  • バス法

    歯ブラシの毛先を歯ぐきと歯の境目に45度の角度にあてて、鉛筆を持つようにして力を入れすぎず(毛先が広がらない程度)小刻みに横に動かして磨き、歯周ポケットの汚れをかき出す磨き方です。

 

自宅でホワイトニング歯磨き粉を使用してするホワイトニングは、じっくりと丁寧にブラッシングをすることが大切で、発泡剤が入った歯磨き粉で磨く場合は泡立ちがよすぎてしっかりと歯を磨くことができないため、なるべく発泡剤が入っていないものを選びましょう。

 

その他にも歯に着色しやすい食べ物を食べたときには、軽く水で口をゆすいだり、すぐに歯磨きをしたりするだけでも歯への着色を防ぐことができます。

 

しかし、市販の研磨剤が多く配合されているホワイトニング歯磨き粉を毎回使用すると、歯の表面に傷がたくさんついてしまうため、就寝前の歯磨き以外では研磨剤の入っていない歯磨き粉で歯磨きをすることがおすすめです。

 

ホワイトニング歯磨き粉+マウスウォッシュでさらにキレイな口内に

マウスウォッシュはデンタルリンスとも呼ばれており、ホワイトニングが一般的である欧米では、オーラルケアの1つとしてマウスウォッシュも取り入れられています。

 

日本ではオーラルケアと言えば歯磨きなのですが、歯並びは人によってそれぞれ違っていたり、奥歯の噛み合わせ、歯の間、歯と歯茎の境目など、口内には歯ブラシがどうしても届かず磨きにくい場所があるため磨き残しができてしまいます。

 

ホワイトニング歯磨き粉を使用して歯の表面の黄ばみや着色汚れを取り除いて、毎日のきちんとブラッシングしていると思っていても、除去できている口内の歯垢は60%ほどしかできておらず、磨き残しがあることによって、歯周病や虫歯などの原因となってしまいます。

 

また、口内の殺菌作用があるだ液は眠っているときは分泌が抑えられるため、朝は口内に雑菌が増殖しており口臭が強くなってしまいます。

 

ここでは、磨き残しの補助的な役割をして、歯周病、ホワイトニング、虫歯、口臭をトータルケアしてくれる、おすすめのマウスウォッシュを紹介します。

 

シシュテック

 

販売元:株式会社ビアンカ
価格:定期初回 1,980円(税抜)

 

 

■有効成分
アラントイン(歯ぐきを活性化してピンク色の元気な歯ぐきにする)
セチルピリジニウムクロリド(口臭の原因菌の予防)
ポリリン酸ナトリウム(ステインを浮かせて落とし歯石を抑制する)
マスティハオイル(抗菌作用があるため口臭を予防する) など

 

厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合され、有効成分の効果が認められた医薬部外品です。

 

  • 歯を白くする
  • 口内洗浄
  • 歯周病予防
  • 歯肉炎予防
  • 虫歯予防
  • 口臭予防
  • 口内爽快

などの7つの効果効能を持っています。

 

ホワイトニング歯磨き粉だけでは落としきれなかった汚れを補助的にケアしてくれるため、ブラッシングと併用することによってホワイトニング効果がアップするだけではなく、その他の口の中のトラブルも一緒にケアしてくれるマウスウォッシュです。

 

GMP基準認定の国内工場で製造されているので安心して使用することができ、オーガニック由来の成分が使用されているなど、お子さんも一緒に使用することができるマウスウォッシュです。